ニュース

2020/02/13 17:42

ヨーロッパ出張の際に Tiger Lily Tokyo で人気のいくつかのブランドのデザイナーにインタビューを行いました!

続いては、"フランスで人気のランジェリーブランドLe Petit Trouルプティトルゥ" の Zuzanna Kuczynska スザンナ・クチェンスカ

■ブランド紹介
「小さな穴」意味するブランド名そのままに、ショーツのバックスタイルのデザインが特徴的な Le Petit Trou。デザイナーのZuzanna KuczynskaはポーランドのELLEでスタイリストとして経験を積んだ後、ブランドを設立。
ブランドコンセプトはセクシーさと1日着ていても疲れないコンフォートの両立。「I believe that lingerie has the magical power.」という彼女のメッセージに世界中女性が共感し、デビューから2年足らずでヨーロッパを中心に11カ国で取扱。
すっぴんなのにセクシー……「Le Petit Trou」はそんな女性をイメージさせます。


Q1.ブランドのコンセプトは?
ランジェリーを特別なイベントやデートのものではなく、日常にすること。
素材の新規性ではなく、従来のランジェリーとは異なる新しいパターンによってファッショナブルで突出したランジェリーをつくりだすこと。
私たちのランジュエリーは官能的で美しく、それでいて快適でなければなりません。



Q2.ターゲットにしている年代や女性像はありますか?
ルプティトルゥはフェミニンでファッションが好き、それでいて肌なじみを重視し日々を快適に過ごしたい女性のために作られています。 自分の体を愛していて、それを変えようなんてこれっぽっちも思っていない成熟した人。年齢は25〜35歳程度で、伝統や常識に縛られずランジェリーに新鮮さを求めている人たちがターゲットです。



Q3.ブランドの特徴やこだわりは?
トレードマークでもありブランド名ともなっているショーツのバック部分の丸い穴です。
また使っているレースそのものというよりも、それらをカットする新しいパターンによって既存のものとは異なる新しいランジェリーとなっています。


Q4.インスピレーションの源は?
ヴィンテージストアにて唯一無二でユニークなアイテムを探して集めています。それらに囲まれていると幸せです。

旅や友人たちからも影響を受けますね。彼女たちはおしゃれで、自分がどうしたいかを理解しています。そういう人たちのために私はデザインしたいと思っています。流行にのって毎シーズン服装を変えることより、自分独自のファッションセンスを持つことを大切にしています。これはルプティトルゥをつくる際にも大切にしている考え方です。



Q5.現在商品はどのように展開している?
美しいランジェリーを作ることは大前提として、同時に流通にも力を入れています。世界中のクライアントに商品を届けたいと思っており、各国のパートナーを選ぶ際には入念に吟味しますね。どこにでも置かれているのではなく、自分たちのセンスにあった場所で取り扱われることが理想です。
またランジェリーに限らずナイトウェア、スイムウェア、シューズをシーズンごとに展開したいと考えています。



Q6.ブランドのこれからの展望や目標は?
厳格にランジェリーブランドであるのではなく、商品展開を広げてライフスタイルブランドになることを目指しています。世界中の最高のブティックやデパートでの存在を確固としたものにするために、私たち小さなチームで、自分たちに正直に、常に成長しながら熱心に働き続けたいと思います。



中編に続く...

Interviewer : 九冨 里絵(くとみ りえ)

■Tiger Lily Tokyoについて 『Tiger Lily Tokyo』(タイガーリリートーキョー)は現代を強く生きる美しい女性をイメージしたクローゼット。世界中からセレクトされたスタイリッシュなランジェリーは柔らかな肌の一部となってあなたの毎日を鮮やかに彩ります。 Instagram  Twitter

■九冨 里絵(くとみ りえ)について Lily Trading Co.,Ltd. Co-Founder / CEO 1989年兵庫県神戸市生まれ。美大卒業後、イタリア製アパレルメーカーの企画職を経て、2017年にLily Trading Co.,Ltd.を設立。パリ、ロンドン、ニューヨークを中心に世界中から買い付けたランジェリーを販売するTiger Lily Tokyoを運営。 Instagram
Twitter

E-mail:info@tigerlilytokyo.co.jp